• moco

昔は。。


昔は演劇論など交わすのはあまり好きじゃなかった。

なぜって、結局どちらの論理だろが、それぞれやればいいことだと自分の中で結論づいていたからです。特に、プロの役者も含め、芝居だけに止まらない余計なものを演劇の世界に持ち込むのが好きじゃなかったのです。特に、役者でありながら、それを芝居をつくる過程にまで持ち込んでいるのを見ると、あぜんとするものがありました。

役者は日常の自分と違うものを演じることが出来るから魅力であるのに、日常の自分と変わらないものを見せるのであれば、お金をとるほどのこともないということです。

そういう芝居を自分は望んでないのかもしれない。

とはいえ、一人の役者がそんなには色々な役ができるわけではないというのが正直な感想です。

対応能力があっても、役にはなっていないのが実情です。

そういう意味で、こういう役ならこういう役者を使うというのが手っ取り早いのです。か、当てぶりの


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示